tab.inc.php

名称タブ表示プラグイン
ファイルtab.inc.php
バージョン1.11
対象サーバーPukiWiki 1.5.3 / PHP 7.4 / UTF-8
対象ブラウザーFirefox, Chrome, Safari, Edge 各最新版
ライセンスGPLv3

ページをタブ表示するPukiWiki用プラグイン。

タブをクリックすると該当ページをロードして表示を差し替えます。タブをダブルクリックすると該当ページのURLに遷移します。

インストール

tab.inc.php
10.8KB | 2020-06-02

tab.inc.phpPukiWikipluginディレクトリに配置してください。

使い方

#tab([ラベル1>]ページ名[,[ラベル2>]ページ名2][,...])

ラベルとページ名の組をカンマで区切って必要なだけ羅列する。
ページ名はタブ表示したいページの名前(Hoge、Fuga/Piyo等)。
ラベルを省略するとページ名がタブのラベルとなる。

使用例

#tab(プロフィール>Profile,履歴>History,連絡先>Contact)

Programのページで使用しています。ご確認ください。

ご注意

  • 本プラグインを挿入できるのは1ページにつき1箇所のみです。
  • ループする恐れがあるため、タブの入れ子、つまりタブで読み込むページ内にさらにタブを表示することはできません(強制的に無効化される)。
  • 注釈表示領域にはタブで読み込まれたページの注釈が表示され、本プラグインを挿入した元ページの注釈は表示されません。
  • JavaScriptが有効でないと動作しません。

設定

コード内の下記の定数で動作を制御することができます。

定数名既定値意味
PLUGIN_TAB_RESTRICT0 or 10本プラグインの実行を凍結/編集制限ページ内またはPKWK_READONLY下に制限する
PLUGIN_TAB_ALLOW_DOUBLECLICK0 or 11該当ページのURLに遷移するタブダブルクリック機能を許可
PLUGIN_TAB_TIMEOUT数値10000ページをロードする際のタイムアウト時間(ミリ秒)。0なら設定せず
PLUGIN_TAB_ALLOW_DEFAULTSTYLE0 or 11タブに既定のスタイルを適用
PLUGIN_TAB_NOTEID文字列'note'注釈表示ブロック要素のID
PLUGIN_TAB_NOCACHE0 or 11ロードするページ情報のブラウザーキャッシュを明示的にオフ

default.ini.phpへの設定

本プラグインの定数設定(ファイル内の下記のような行)は、PukiWikiルートディレクトリにある標準設定ファイルdefault.ini.phpにも記述することができます。本プラグインの定数設定行をdefault.ini.phpの末尾にそのままコピーしてください。default.ini.php側の設定値が優先されます。

/////////////////////////////////////////////////
// ○○プラグイン設定(○○.inc.php)
if (!defined('PLUGIN_○○_×××)) define('PLUGIN_○○_×××', △);

設定をdefault.ini.phpに記述することで、プラグインをアップデート(ファイル上書き)するたびに値を書き直す必要がなくなります。また、設定がdefault.ini.phpに集中することで、運用中の設定管理も楽になります。

凡例

プラグインの引数は下記の書式で表現しています。

  • [] … 省略でき必要に応じて記述します
  • | … |で区切られた項目のうち1つを記述します
  • {} … 中カッコ内の引数は任意の順序で記述できます

改版履歴

  • バージョン1.0
    • 初版
  • バージョン1.04
    • タブのダブルクリックによる該当ページへの遷移機能を追加
  • バージョン1.1
    • エイリアス書式に合わせ、引数の順序を「ページ名>ラベル」から「ラベル>ページ名」に変更
    • リロードしても元に戻らないよう、選択したタブをURLに保持する
    • ページに含まれるscript要素をなるべく実行する
    • ページ内容により正常に表示されない不具合を修正
  • バージョン1.11
    • リソースを常にGETメソッドで取得するよう修正