readingtime.inc.php

名称読了時間表示プラグイン
ファイルreadingtime.inc.php
バージョン1.10
対象サーバーPukiWiki 1.5.3 / PHP 7.4 / UTF-8
対象ブラウザーFirefox, Chrome, Safari, Edge 各最新版
ライセンスGPLv3

ユーザーがページを読むのに要するおおよその時間を表示するPukiWiki用プラグイン。

1分未満は15秒単位、1分以上60分未満は分単位、60分以上は時間と分単位で表します。ページ内の文字数を500(設定可)で割った値を1分とします。

負荷軽減のため、可読文字以外も区別せず数えます。表示はあくまで目安程度とお考えください。

インストール

readingtime.inc.php
2.3KB | 2020-05-18

readingtime.inc.phpPukiWikipluginディレクトリに配置してください。

使い方

&readingtime();

使用例

このページは約&readingtime();で読むことができます。

このページは約2分で読むことができます。

設定

コード内の下記の定数で動作を制御することができます。

定数名既定値意味
PLUGIN_READINGTIME_PERMINUTE数値5001分間に読める文字数

default.ini.phpへの設定

本プラグインの定数設定(ファイル内の下記のような行)は、PukiWikiルートディレクトリにある標準設定ファイルdefault.ini.phpにも記述することができます。本プラグインの定数設定行をdefault.ini.phpの末尾にそのままコピーしてください。default.ini.php側の設定値が優先されます。

/////////////////////////////////////////////////
// ○○プラグイン設定(○○.inc.php)
if (!defined('PLUGIN_○○_×××)) define('PLUGIN_○○_×××', △);

設定をdefault.ini.phpに記述することで、プラグインをアップデート(ファイル上書き)するたびに値を書き直す必要がなくなります。また、設定がdefault.ini.phpに集中することで、運用中の設定管理も楽になります。

凡例

プラグインの引数は下記の書式で表現しています。

  • [] … 省略でき必要に応じて記述します
  • | … |で区切られた項目のうち1つを記述します
  • {} … 中カッコ内の引数は任意の順序で記述できます