ph.inc.php

名称プレースホルダー画像出力プラグイン
ファイルph.inc.php
バージョン1.00
対象サーバーPukiWiki 1.5.3 / PHP 7.4 / UTF-8
対象ブラウザーFirefox, Chrome, Safari, Edge 各最新版
ライセンスGPLv3

プレースホルダー画像を出力するPukiWiki用プラグイン。

インストール

ph.inc.php
9.8KB | 2020-05-29

ph.inc.phpPukiWikipluginディレクトリに配置してください。

使い方

?plugin=ph[&size=Width[xHeight]][&p=Palette]
&ph([Width][,[Height][,Palette]]);
#ph([Width][,[Height][,Palette]])
  • Width … プレースホルダー画像の幅(px)
  • Height … プレースホルダー画像の高さ(px)
  • Palette … プレースホルダー画像のパレット(0~99)。省略するとランダム

WidthとHeightの片方だけを指定すると、指定したほうの長さの辺の正方形となる。どちらも省略すると既定サイズとなる。

使用例

?plugin=ph&size=300x185
&ph(300,185);

placeholder

パレットはランダムです

設定

コード内の下記の定数で動作を制御することができます。

定数名既定値意味
PLUGIN_PH_WIDTH数値400既定の幅(px)
PLUGIN_PH_HEIGHT数値247既定の高さ(px)

default.ini.phpへの設定

本プラグインの定数設定(ファイル内の下記のような行)は、PukiWikiルートディレクトリにある標準設定ファイルdefault.ini.phpにも記述することができます。本プラグインの定数設定行をdefault.ini.phpの末尾にそのままコピーしてください。default.ini.php側の設定値が優先されます。

/////////////////////////////////////////////////
// ○○プラグイン設定(○○.inc.php)
if (!defined('PLUGIN_○○_×××)) define('PLUGIN_○○_×××', △);

設定をdefault.ini.phpに記述することで、プラグインをアップデート(ファイル上書き)するたびに値を書き直す必要がなくなります。また、設定がdefault.ini.phpに集中することで、運用中の設定管理も楽になります。

凡例

プラグインの引数は下記の書式で表現しています。

  • [] … 省略でき必要に応じて記述します
  • | … |で区切られた項目のうち1つを記述します
  • {} … 中カッコ内の引数は任意の順序で記述できます