panorama.inc.php

名称パノラマ画像表示プラグイン
ファイルpanorama.inc.php
バージョン1.00
対象サーバーPukiWiki 1.5.3 / PHP 7.4 / UTF-8
対象ブラウザーFirefox, Chrome, Safari, Edge 各最新版
ライセンスGPLv3

6枚組のキューブマップ画像をパノラマ表示するプラグイン。

インストール

panorama.inc.php
8.8KB | 2020-06-06

panorama.inc.phpPukiWikipluginディレクトリに配置してください。

使い方

#panorama(frontImage,backImage,leftImage,rightImage,topImage,bottomImage[,[width][,[height][,[direction][,[autoRotSpeed][,[fov]]]]]])
  • frontImage … キューブマップ前画像。添付ファイル名またはURL
  • backImage … キューブマップ背画像。添付ファイル名またはURL
  • leftImage … キューブマップ左画像。添付ファイル名またはURL
  • rightImage … キューブマップ右画像。添付ファイル名またはURL
  • topImage … キューブマップ上画像。添付ファイル名またはURL
  • bottomImage … キューブマップ下画像。添付ファイル名またはURL
  • width … 表示幅(px)。省略時の既定値は 640
  • height … 表示高さ(px)。省略時の既定値は width * 9 / 16
  • direction … 初期方向(度)。0~360。省略時の既定値は 0
  • autoRotSpeed … 自動回転速度。0なら無回転。省略時の既定値は 1
  • fov … 画角(度)。30~120。省略時の既定値は 70

使用例

#panorama(front.jpg,back.jpg,left.jpg,right.jpg,top.jpg,bottom.jpg)
#panorama(front.jpg,back.jpg,left.jpg,right.jpg,top.jpg,bottom.jpg,480,360,-30,-1,100)

設定

コード内の下記の定数で動作を制御することができます。

定数名既定値意味
PLUGIN_PANORAMA_WIDTH数値640既定の表示幅(px)
PLUGIN_PANORAMA_ASPECT数値(9 / 16)既定の表示縦横比
PLUGIN_PANORAMA_FOV数値70既定の画角(度)
PLUGIN_PANORAMA_AUTO_RESUME数値5ドラッグ操作から自動回転への復帰時間(秒)

default.ini.phpへの設定

本プラグインの定数設定(ファイル内の下記のような行)は、PukiWikiルートディレクトリにある標準設定ファイルdefault.ini.phpにも記述することができます。本プラグインの定数設定行をdefault.ini.phpの末尾にそのままコピーしてください。default.ini.php側の設定値が優先されます。

/////////////////////////////////////////////////
// ○○プラグイン設定(○○.inc.php)
if (!defined('PLUGIN_○○_×××)) define('PLUGIN_○○_×××', △);

設定をdefault.ini.phpに記述することで、プラグインをアップデート(ファイル上書き)するたびに値を書き直す必要がなくなります。また、設定がdefault.ini.phpに集中することで、運用中の設定管理も楽になります。

凡例

プラグインの引数は下記の書式で表現しています。

  • [] … 省略でき必要に応じて記述します
  • | … |で区切られた項目のうち1つを記述します
  • {} … 中カッコ内の引数は任意の順序で記述できます