img64.inc.php

名称Base64画像表示プラグイン
ファイルimg64.inc.php
バージョン1.01
対象サーバーPukiWiki 1.5.3 / PHP 7.4 / UTF-8
対象ブラウザーFirefox, Chrome, Safari, Edge 各最新版
ライセンスGPLv3

Base64エンコードされた画像を埋め込み表示するPukiWiki用プラグイン。

ファイルをアップロードすることなく、画像をページに直接埋め込むことができます。権限のない一般ユーザーでも任意の画像を掲載でき、添付ファイル管理の煩わしさからも解放されます。画像のBase64エンコーダーは「image base64 encoder」等でインターネット検索して見つけてください。

インストール

img64.inc.php
1.5KB | 2020-05-28

img64.inc.phpPukiWikipluginディレクトリに配置してください。

使い方

#img64(画像のBase64エンコード文字列[,代替文字列])

使用例

#img64(data:image/jpeg;base64,xxxxxxxxx...)
img64 sample image

設定

コード内の下記の定数で動作を制御することができます。

定数名既定値意味
PLUGIN_IMG64_MAXSIZE数値0Base64文字列最大長(キロバイト)。0なら無制限

default.ini.phpへの設定

本プラグインの定数設定(ファイル内の下記のような行)は、PukiWikiルートディレクトリにある標準設定ファイルdefault.ini.phpにも記述することができます。本プラグインの定数設定行をdefault.ini.phpの末尾にそのままコピーしてください。default.ini.php側の設定値が優先されます。

/////////////////////////////////////////////////
// ○○プラグイン設定(○○.inc.php)
if (!defined('PLUGIN_○○_×××)) define('PLUGIN_○○_×××', △);

設定をdefault.ini.phpに記述することで、プラグインをアップデート(ファイル上書き)するたびに値を書き直す必要がなくなります。また、設定がdefault.ini.phpに集中することで、運用中の設定管理も楽になります。

凡例

プラグインの引数は下記の書式で表現しています。

  • [] … 省略でき必要に応じて記述します
  • | … |で区切られた項目のうち1つを記述します
  • {} … 中カッコ内の引数は任意の順序で記述できます